FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

































スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

巨尻妄想T氏の場合 ~その3~

『匂いフェチT氏の告白 3』


banner




私の記憶の5ページ目は今から30数年前、高校3年の夏の記憶です。

ハッキリ覚えているのはとにかくうだるような暑い夏だったという事。

ちょうど今年の夏のような・・・当時は異常気象という言葉はなかったかもしれませんが、記録的な

暑い夏でした。


         - 1975年夏 -

高校2年になった私はあいかわらず女子のぽっちゃりしたお尻にばかり興味が集中していて、

受験勉強も手に付かず、悶々とした日々をすごしていました。

彼女がいるわけでもなく、楽しいキャンパスライフなど程遠いところで私は日に日に増していく

お尻への興味とそれをどうやったら解消できるのか悶々と考えていました。

考えると言っても、ただの妄想みたいなもので、乏しい知識の中で妄想をふくらまし、自慰にふける

毎日だったのです。


そんな折、ちまたでは「乳揉みダッシュ」なんて遊びが一部の悪ガキの間で流行り始めました。

これは一種の通り魔的犯行みたいなものですが、ようするに通りすがりの巨乳なお姉さんに

道を尋ねるふりをして近づき、オッパイを触ってダッシュで逃げるという、いかにも悪ガキっぽいイタズラです。

私はオッパイよりもむしろ大きなお尻の方が何倍も好きでしたから、このイタズラを応用してお尻にタッチして

逃げるというのを試してみようかとも思い、何度か街で見かけた巨尻のお姉さんを尾行してみましたが、

とても実行に移す勇気などなく、途中であきらめて帰宅するという何ともおバカな試みをしたりしていました。

もともと気が弱く内気なうえに、クラスでも足が遅い私は、もし追いかけられて捕まったらどうしようとか、

大声で叫ばれてまわりの人に捕えられたりしたら・・・なんて考えると恐くてとても実行に移す事など出来なかっ

たのです。



巨尻な女性の後を歩きながら、「あぁ、今ここでこの大きなお尻に顔を埋めて思い切り匂いを嗅ぎたい・・・」

と頭の中で”実行している勇気ある自分”を想像して股間を膨らませている正反対の現実の自分。

照りつけるジリジリとした夏の日差しがより一層、クラクラとめまいのように想像を掻き立てるのでした。


そんなある日、転機が訪れました。


とあるバス停でバスを待っていると日傘をさした上品そうなお姉さんがやってきて、私の横にならびました。

当時の私にとってはすごく年上に感じられましたが、今思うと23、4歳くらいだったでしょうか?

ものすごく美人で何よりものすごい巨尻の持ち主だったのです。

実際私はその大きなお尻を見た瞬間、思わず「あっ!」と声をだしそうになり、一目で釘付けになりました。

そのくびれたウエストからは想像出来ないくらいの巨大なお尻、

黒いパンツに包まれ立体的な二つの山はゆうに私の胴体の倍くらいはあったでしょうか・・・

私があっけにとられているとバスがやってきて停車しました。立ちつくす私を横目にその女性はステップをあがっ

てバスに乗り込みました。

整理券を取るその瞬間巨大なお尻がわたしの目の高さで一瞬静止しました。”今なら出来る!!”

物凄いひらめきでした。瞬間的なひらめき。

その巨大なお尻に顔を押し付け、すぐさま全力で走って逃げれば・・・


バスは走りだし、だれも追ってはこれないのではないだろうか???  そうだ!

一向に乗車のそぶりのない私を残しバスは走り出しました。

次第に遠ざかるバスの後方を眺めながらそのひらめきは次第に確信へと変わり

”きっと出来る!成功するにちがいない!”

私は胸の高鳴りを覚えていました・・・



~つづく~





ポチッとお願いします。




[ 2010/10/24 20:42 ] 巨尻妄想T氏の場合 | TB(0) | CM(0)

巨尻妄想T氏の場合 ~その2~

『匂いフェチT氏の告白2』

na2218-2.jpg



私の記憶の最初の1ページ、それは今から40年前、中学2年生の夏のおわりでした。

中学2年生といえば思春期真っ只中、子供から大人に変わるもっとも多感な時期であり、

体の変化にともない性への意識が芽生えはじめる頃です。

当時の私のもっぱらの関心ごとも女性の体に対する興味でした。

同級生の女子も胸がふくらみお尻が丸くなってきて男子の間の会話でも

「○○ちゃんは巨乳だね」とか「今日は体育を休んでいるから生理じゃないの?」とか

そんなヒソヒソ話が盛んになっていました。

そんな私のクラスには尚ちゃん(仮名)というちょっとぽっちゃりした女子がいましたが

彼女のお尻は他の子とくらべて一回り大きくそしてプリンプリンとしたそれは素晴らしい巨尻でした。

私の席は一番後ろの角で、斜め前に尚ちゃんがいます。教室に先生が入ってきて「起立!」、そして「礼!」

をするとき私はいつも尚ちゃんの大きなお尻を眺めていました。

それは日々の密やかな愉しみだったのです。

尚ちゃんはクラスの中ではとても目立つ存在でした。美人で頭も良くテストの成績は学年でもいつも5位以内

でしたし、委員長としてクラスのリーダーシップをとるようなとても活発な面もありました。

先生からの信頼もあつく、いつも友達に囲まれているような花のような存在だったのです。

そんな尚ちゃんですが、お尻がとても大きい事にコンプレックスを持っている事実を私は知っていました。

尚ちゃんは教室の中ではいつも制服姿で、巨尻が目立つジャージは体育の時以外ほとんど着る事はなかったのです。

部活動も中1の頃はソフトボールで活躍していたのに、2年生からは吹奏楽部に変わり、同じクラスの私でも

ジャージ姿を拝める機会がめっきり減ってしまったのです。

[ 2010/05/03 09:35 ] 巨尻妄想T氏の場合 | TB(0) | CM(0)

巨尻妄想T氏の場合~その1~

『匂いフェチT氏の告白』

12091617460094-2.jpg


貴方には人には言えない秘密のたしなみがありますか?

他人は決して知らないもう一人の自分・・・それは密かな愉しみですが

たまに他人に告白したくなる時があります。聞いてもらいたいという願望なのか

教会での懺悔のような心境なのかもしれませんね。

私は物心ついた頃から極度の匂いフェチです。

女性のお尻の匂い、それも大きなお尻の割れ目の匂いがたまらなく好きなのです。

街で大きなお尻をくねらせ練り歩く女性をみかけると、その巨尻肉を両手でかきわけ、窮屈な谷間に

思いっきり顔ごと鼻を押し付けたい衝動にかられるのです。

もちろん街中でそんな事を実行したらどうなるかは想像に容易い・・・

私はそんな衝動を51年間押し殺して生きてきた。責任ある一人の大人として社会に順応し、妻や子を

養ってきた。 

普段は行動派のもう一人の自分を妄想する事が密かな楽しみなのです。

しかし何度か、51年間の間に何度か衝動を抑えきれない時があった・・・

もう一人の自分が私の理性を打ち負かし、行動をおこしてしまった事が何度かあるのです。

もちろん妄想のように無理やり強引にという訳には参りませんが・・・

私が行動を起こすのは決まって書店やレンタルビデオショップなど・・・

そうです。ターゲットの女性がなにかに夢中になって棒立ちしている時こそ最大のチャンス!

かがんで何気に本やDVDをさがすふりをしながらそっと女性のお尻に鼻を近づけるのです。

そして息を思いっきり吸い込みます。

服越しなので何も匂いがしない時がほとんどですが、ごくたまに想像通りの香りが感じられた時は

言葉に表せない至福の時です。女性に気づかれないように何度か繰り返し、堪能します。

何も匂わない時でも、お尻の匂いを嗅がれてる事に気づかない女性を想うとそれだけで興奮し、

心臓が高鳴ります。まるでその女性を犯したような気分になるのです。

きっと恋人や旦那さんにも嗅がれたことがないであろう無防備な匂い・・・

そして確認するようにもう一度女性の顔をまじまじと見つめ、記憶の一ページとして私の中にきざみます。

そんな私の記憶の最初の一ページを綴ったのは中学2年生の頃でした。以来40年近くそのページは

とぎれることなく増え続け現在にいたります。

誰にも知られることなく・・・捕まらずに、密やかに・・・


             ~つづく~






ポチッとお願いします。





★ スポンサーサイト様

↓↓↓巨尻な出会いがそこにある・・・真面目な出会い↓↓↓


[ 2010/03/20 19:18 ] 巨尻妄想T氏の場合 | TB(0) | CM(0)































上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。