FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

































スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

巨尻妄想~その5~

ネットでみつけた素敵な妄想です。


12563735770010.jpg

僕の勤める会社に入社して一年ちょっとになる人妻がいます。
りえこ35歳で3人の子持ち。身長は165センチくらいで痩せてるでもなく肥えてるでもなく。
しかし尻がかなりデカく目測推定95センチ。デカいだけあって歩いた状態でいつも制服のスカートは、
はち切れんばかりにパンパンでパン線がクッキリ!突き出し尻なんぞしようもんならもう....!。
毎日会社で尻ばっか見ては夜に「りえこ~!その巨尻がイヤラシくたまんないんだよ~」
って言ってオナってます。願望は、りえこのアナルを何度も突きまくって破壊してみたい。

11999375690013.jpg

2人の子供を連れて、川原にキャンプにやって来た加代子。子供達は水着に着替え、川遊びをしている。
「ねえ、ママも一緒に遊ぼうよ!」そう言われた加代子は、ハチ切れんばかりの豊満ボディからTシャツを
脱ぎ捨て、キュロットスカートもストンと足首に落とした。
現れた、まばゆいばかりの加代子の水着姿。薄いピンクのワンピース水着で、胸や尻は強烈なボリュームで、
生地が張り裂けそうだ。
また、水着の下にアンダーサポーターをはき忘れたため、一度水に浸かった加代子が立ち上がると、お尻が
クッキリと、まるで生尻のように透け透けになった。
周囲の男たちは、たちまち好色な視線を加代子のお尻に浴びせた。当の加代子は、自分のお尻が透けて、
丸出しになっていることに気付かない。

1256561558.jpg

水に冷えたためか、ちょっとお腹の調子が悪くなった加代子は、
子供達に「ママちょっとおトイレに行って来るから、待っててね。」と言い残し、立ち上がり、川岸の
草むらの中に歩いて行った。
草むらが少し開けた場所があって、周囲に人がいないのを確認し、加代子は大胆にもそこでワンピース水着を
脱ぎ捨て、真っ白いお尻を「ペロン」と丸出しにして、草むらの上にしゃがみ込んだ。
たちまち真っ黄色なオシッコが「ショワショワシュウウィィ・・・・」と噴出し、草むらを濡らした。
やがてオシッコが止まると、加代子は一段とお尻を沈ませ、眉間にシワを寄せ、お尻に力をこめた。
「プッスウゥゥゥ・・・」という放屁音の後に、肛門が少し開き、黒い先端が顔をのぞかせ、それが勢いよく
「ニュルルル・・・・」と排出されて、それがポトリと草むらの上にとぐろを巻いたかと思うと、立て続けに
「ビチャビチャビチャ!」と激しく軟便がヒリ出された。

その時、背後の草むらの中に、その様子を生唾を飲みながら見ている男がいるのを、加代子は気付かなかった。
男は川で遊んでる加代子にずっと目を付けていて、加代子が草むらに消えたのを、後を付けて来たのだった。
「す、すげえ・・・あ、あんなに美しい奥さんが、あんな汚いものを・・・・」
男の股間はカチンカチンに硬直していた。男は自らの海パンを脱ぎ捨て、全裸になり、股間を直立させながら、
草むらから立ち上がった。
その音に驚愕の表情で振り向く加代子!お尻を丸出しにしてしゃがみ込んでる自分の背後に立つ、全裸で
股間を直立させた男!「ひ!ひィィィィ~ッ!」お尻の汚れもふかず、あわてて立ち上がろうとする加代子。
「お、奥さん・・・・」男が加代子の背後に迫った

「あッ!」あわてて逃げようとして、つまづいて草むらの上に全裸で倒れる加代子!
「お!奥さん!」男は股間を直立させたまま、加代子をうつ伏せに押さえにかかる。
男の屈強な腕力で、難なく組み伏せられてしまう加代子。
「お!お願い!許して!」必死に懇願するも、野獣と化した男の耳には入らない。
「お、奥さん・・・・たまんねえ尻してんな・・・・」
男は2度3度、加代子の巨尻を平手でバシバシひっぱたいた。尻の表面に付着した、
無数の草切れが舞った。加代子の90は優に超えていそうな巨尻は、たたかれるまま、
ブルルンッ!ブルルンッ!と激しく左右に揺れた。たまらない肉付きだ。
男は乱暴に、両手を加代子の尻の割れ目の最も深い部分に突き入れ、一気に左右に
押し広げた!

13253.jpg

小学5年くらいの女の子を連れた、その長身奥さんは、カートを押してたためか、おケツを
ちょっと後ろに突き出すポーズで店内を歩いてて、サッカーボールくらいの大きさのデカケツを
これ見よがしにブリンブリンさせてました!!
かなり肉厚のお尻で、まさに日本の母!て感じのケツでした!臀裂もすごく深そうで、
見た目、においもキツそうな感じでした。ああ、ケツに顔を埋ずめたかった・・・・・

そんな奥さんのケツに張り付きながら、僕は店内をウロついてますた。
奥さんはケツをムチムチさせながら、子供に向かって「今夜はお母さんが美味し~いカレーを作ってあげる」
とか何とか言ってました。
そんな微笑ましい光景を見ながら、僕は奥さんのケツをガン見して勃起してました。ただの変態です。
ジーンズとパンティーを脱がして、生ケツに頬ずりしながらペロペロ舐めまくってるところなんかを、
リアルに妄想してました。



ぽちっとお願いします。


[ 2010/01/17 13:01 ] 巨尻妄想 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dekahip.blog85.fc2.com/tb.php/177-53053aec

































上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。