FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

































スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

巨大尻の淡い思い出・・・

ネットでみつけたちょっとノスタルジックなミニ小説

「亜実と良一」 デス。

ほんわかした雰囲気がなかなかいいです。

ryam02.jpg

中学で同級生だった亜美をはじめてみたときに、良一はいっぺんに彼女のとりことなってしまった。ふっくらとした可愛い笑顔をいつも見せてくれた彼女。そして、教室のドアの鴨居にいつも馬鹿みたいに頭をぶつけていた彼女のあわて者ぶりを思い出すと、つい良一は顔がほころんだ。そう、良一と亜美は町中で知らない者が誰もいないほどの蚤のカップルだった。中学生としては普通の背丈だった良一の頭は、彼女の肩の高さにも届かなかった。そして、それ以上に彼女を目立たせたのは、彼女の身体の横幅だった。彼女はバスケットボールのような巨乳と、それ以上の迫力の巨大尻の持ち主だった。



続きはこちら・・・







ポチッとお願いします。


[ 2010/01/31 11:03 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

 これ私も読みました。ほのぼのとしていていいですね。
[ 2010/02/08 11:48 ] [ 編集 ]

お久しぶりです。

コメント有難う御座います!巨女風呂さんの作品も夢見心地のような気分にさせてくれていい感じですよね!独特な雰囲気がGOODだと思います。
[ 2010/02/08 21:32 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dekahip.blog85.fc2.com/tb.php/183-083e93f8

































上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。