FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

































スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

巨尻妄想 女番長みすず伝説 〜その4〜

『熱血硬派くにおくん・外伝・女番長みすず伝説4』

banner


みすずの股間の暗闇はとてつもなくデカく、その中心の半開きの口からはヨダレが垂れ、

むせかえすような強烈な女臭を漂わせていた。

来る日も来る日も俺はそのおぞましい悪魔を舐めさせられた。

それはみすずが大量の潮を吹き上げ、野獣のような、または悪魔の森に住む怪鳥のような声とともに

アクメを迎えるまで何時間でも続く。

舌の感覚が無くなり、強烈な臭気で目の奥に刺すような痛みが走る・・・

みすずに蔑まれ、罵倒されながらも毎日毎日繰り返しているうちにだんだんとコツが掴めてきたようだ。

みすずがアクメに達するまでの時間が短くなってきたような気がする。

それはアクメに達した後のみすずの態度にも如実に表れていた。

恍惚の表情を浮かべるみすずは不気味以外の何者でもなかったが、自分のペットが御主人様の

御期待通りの働きをした事に満足気な笑みを刹那に浮かべて去っていく、その一瞬の表情の変化を

俺は見逃してはいなかった。

そしてそれは俺自身の心にも少なからず変化をもたらしていたのだ。


”喜びにも似た感情”


そう表現するしか言葉が見つからない。

あの屈辱的な敗北以来毎日繰り返される辱め、手足を器具で拘束されみすずの手下共から与えられる

食事も床に這いつくばって皿にむしゃぶりつく、首輪を付けられ来る日も来る日もみすずの股間を

舐め続けるだけの真に犬のような日々だ。

強靭な精神力を持ち合わせた俺でさえ時折見失いそうになるんだ、多少の心境の変化は否めないのかも

しれない。  みすずが言っていた”調教”ってのはこの事なのか?

俺は本当にこのまま性の奴隷と化していくのだろうか・・・


「ガチャッ!」

ドアが開く音。  バタンッ!と閉じるとコツ、コツ、コツ・・・

みすずのヒールの音が近づいてくる。今夜もまたおぞましき宴の始まりだ。


「!!!!」 様子がおかしい!変だっ!


いつもと何かが違う!こちらに近づくみすずのヒールの音が普段より大きく、早い!


俺の全身の細胞が危険を察知して硬直し、俺はとっさに頭をあげてみすずに視線を向けた。

みすずは全身から鬼のオーラを発しながらこちらに近づいてきた。

あきらかに不機嫌な表情、一体何があったんだ?? ただ事ではない何かがあったに違いない、

周りの空気が凍りつき張り詰めている。

やばい、やばいぞ・・・ 殺されるかもしれない・・・

俺は緊張しながら生唾をのんだ。 やがてみすずは俺の前で乱暴にスカートをたくしあげるとドカッ!と

腰を下ろし股を広げた。

鬼の形相で俺を見下ろすと静かに、押し殺すような凄みのある低い声で言った。

「どうしたくにお・・・舐めろ。」

俺は意を決して美鈴の股間のもう一つの鬼にむしゃぶりついた。

今日は下手を打ったら只では済まない、何とかみすずの怒りを鎮めなければ、俺はそれだけを考えて

懸命に、がむしゃらに舐め続けた・・・




-----------つづく-----------





ポチッとお願いします。








[ 2012/11/02 20:38 ] 巨尻妄想 みすず | TB(0) | CM(3)

 第4回きましたね。
次回がどんな展開になるか楽しみです。
[ 2012/11/03 23:58 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/11/07 16:28 ] [ 編集 ]

巨女風呂さん、お久しぶりです。

みすず伝説はあと二回位で終わる予定です。出来るだけグロテクスに仕上げたいと思ってますが

まだ思案中なので今年中に終われるかどうか微妙です(^^ゞ
[ 2012/11/08 22:49 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dekahip.blog85.fc2.com/tb.php/467-2aeefc43

































上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。